女性

良質な生活を続けるために腎臓病に効果的な食事療法を受けよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

健康を保つために

作業員

制限しすぎない必要性

腎臓は血液中から老廃物や毒素を取り除き、尿として体外へ放出する役割があります。老廃物はたんぱく質が体内で代謝・分解してできるもので、毒素とは酸や必要以上に摂取された水分、食塩のことを指します。また、水分や電解質(カリウムなど)の量を調節する働きもあります。上記のように腎臓はたんぱく質と食塩、カリウム、水分に対する働きが見られます。腎臓病の食事療法とは腎臓に負担をかけているこれらを制限し、腎臓に負担を掛けないようにすることを言います。腎臓病の食事療法の注意点は「制限しすぎないこと」です。体には一定のエネルギーが必要です。特にたんぱく質はエネルギーの元で、制限しすぎると体内の尿素窒素が増えてたんぱく質を摂ったのと同じになってしまいます。たんぱく質は基本的に体重1キロに対して0.6グラムが必要です。魚・大豆・肉などで良質のたんぱく質を適正量、摂取することが大切です。

病気の種類による制限方法

腎臓病は個々の症状によって食事療法も変わってきます。腎臓病で最も有名なのが腎不全でしょう。腎不全はたんぱく質、塩分の制限が大事で、たんぱく質は先ほど述べた基準量、塩分は1日7グラム以下にします。水分は尿の量や浮腫みに応じて制限します。急性腎炎、慢性腎炎では浮腫や高血圧が見られた場合、食塩の摂取制限を厳しく行います。水分は尿量が減ってきた場合に制限をかけます。尿にたんぱく質が出てしまうネフローゼ症候群では水分の摂取制限は行わず、塩分の制限が大事になります。腎臓病の食事療法は医師の指示のもと制限と同時にエネルギーも摂取しないといけません。食品の選び方や料理方法にも工夫が必要ですので、使用する食品、調味料に何が含まれているかをしっかり見極めることが大切です。

病食で生活習慣病の対策を

男性女性

病食は特定の病気を予防・改善するための食事のことで、高齢者を中心に利用者がいます。健康宅配の病食は管理栄養士が監修し、栄養バランス・おいしさにこだわった食事を提供しています。自炊をすることなく栄養バランスの整った食生活が実現し、生活習慣病対策ができるのです。

もっと詳しく

健康で長生きするために

和食

血圧を下げるのは難しいことと考えている方もいますが、規則正しい食生活を心がけるだけでも、血圧に変化が現れます。また普段の食事では、塩分を控え、摂取カロリーにも気を付けましょう。お弁当を購入するときは、栄養分表示を参考にすることも大切です。

もっと詳しく

プリン体のもたらす病気

介護

痛風とは、ビールや魚卵などに多く含まれるプリン体の過剰摂取によって血中の尿酸値が上昇し、尿酸の結晶が出来てしまうことで激しい関節痛をもたらしてしまう病気です。予防と対策のためには、プリン体の摂取に気をつけ、尿酸値を下げる作用のある食べ物を積極的に食べるなど、食事に気をつけるようにしましょう。

もっと詳しく