プリン体のもたらす病気|良質な生活を続けるために腎臓病に効果的な食事療法を受けよう
食事

良質な生活を続けるために腎臓病に効果的な食事療法を受けよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

プリン体のもたらす病気

介護

風が吹くだけで痛い

痛風と呼ばれる病気をご存知でしょうか。痛風とは、風が吹いただけでも痛い、と表現されるくらいに激しい痛みを伴う病気で、中年の男性に特に多く見られます。痛風の原因は、尿酸値が上昇してしまうことです。血中の尿酸値が高まってしまうことで、尿酸の結晶が関節などに溜まり、激しい痛みを引き起こしてしまうのです。尿酸値が上昇してしまうのは、プリン体と呼ばれる成分が関係しています。プリン体は、ビールや魚卵などに特に多く含まれている成分で、摂取しすぎてしまうと尿酸値を高める原因となってしまうことがあります。よって、痛風はビールを飲む機会の多い中年の男性に多いと言われているのです。痛風は、症状が悪化すると痛みで立てなくなってしまうこともあるため、気付いたときに早めに対応する必要があります。

対策について

まず、痛風にならないためには食事に気をつけることが大切となります。プリン体を多く含むビールや魚卵の摂取は、過剰にならないように気をつけるようにしましょう。また痛風が発祥してしまってからも、それらの食事は出来るだけ控え、野菜を中心にバランスの良い食事を摂るように心がけましょう。また尿酸値を下げる作用のある、にんじんやこぼうなどの野菜類、ひじきやわかめなどの海藻類を積極的に摂取することもおすすめです。これらの食事は、尿をアルカリ性へと変化させ、尿酸を溜めにくくする働きがあるのです。痛風は、一度発症してしまうと、激しい痛みに耐えられず日常生活を普通に送ることが出来なくなってしまうこともある病気です。食事に気をつけ、痛風の予防、対策につとめましょう。